** せ ん ろ ば た **

富 浦


プレス発表もされ、いよいよカウントダウンが始まった北斗星号。

残された僅かな時間、私は「冬の北海道を駆ける北斗星号を撮りたい」という思いがありました。


冬の北海道を走る・・・

それは雪晴れの大カーブを走る編成モノや、豪雪の中を驀進するDDダブルなど、

様々なシーンを思い浮かべると思いますが、私の印象は少し違いまして・・・


こんな感じです
富浦


低く垂れ込めた雲を映す大海原と、その淵に身を寄せ合うように佇む集落。

その間を分けるように青色の車体が駆け抜けて行く。

これこそが冬の道南を走る北斗星号の印象なんです。


因みに、この日は爆弾低気圧の影響で、1列車は40分遅れでやって来ましたが、

長いホイッスルを吹鳴しながら駆ける北斗星は本当に格好良かったです。


この情景、私の脳裏にいつまでも残る事でしょう・・・


2014年12月18日 富浦にて撮影


Nikon Df



写真の感想など、コメント頂ければ大変嬉しいです!
ブログランキングに参加しています、応援宜しくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

  1. 2014/12/23(火) 22:55:22|
  2. 客車
  3. | コメント:7
<<本年も有難うございました。 | ホーム | 厚 賀>>

コメント

北斗星も終わりが見えてきて、ブルートレインも終焉を迎えるのは、ブルトレに憧れて写真を撮り始めた私にとって何とも言えない寂しさを感じます。
それはさておき、この写真、羽越本線ぽいですね。北海道でこのような風景が撮れるのは目からウロコでした。
ああ、また北海道に行きたいです・・。
  1. 2014/12/27(土) 10:57:29 |
  2. URL |
  3. AKKY #-
  4. [ 編集 ]

ブルトレの終焉

AKKYさま、こんばんは。

BLUE TRAINの終焉・・・ 
ブルトレブームを知っている身としては、とても悲しい事ですね。
国鉄時代に「夜行列車廃止論」と言うのが出た事がありましたが、
まさか現実になってしまうとは夢にも思いませんでした。

因みに、ここ富浦は前から目を付けていた撮影地でして、
本来、列車写真主体であれば、「ちょっと・・・」
な撮影地なんですが、個人的にはとても魅力的なロケだったりするんですよ。
AKKYさまも是非渡道してきて下さい。DDダブルも時間の問題ですよ(笑)

あっ、ブログ始められたのですね! リンク貼っておきます!!

いつもコメント有難う御座います。
  1. 2014/12/27(土) 22:45:09 |
  2. URL |
  3. いぬばしり #-
  4. [ 編集 ]

そうですね、時間とお金(笑)が許せば年明けにでも渡道したいものです。

あっ、ブログ始めてしまいました(笑)
今朝、最初の記事をアップしました。
なんせ初めての試みで試行錯誤しながらですのでお見苦しい点もあるかと思いますが、宜しくお願い致します。

こちらもリンク貼らさせて頂きますね!

  1. 2014/12/28(日) 09:10:11 |
  2. URL |
  3. AKKY #-
  4. [ 編集 ]

空と海と

むむむ、いろいろな場所があるものですね。
北海道広しと言えど、列車全体を一望にという場所はそうないのでは。
雄大な空と海はこの大編成をしっかり受け止めていますね。
行ってみたいですねえ、ここ。
  1. 2014/12/28(日) 17:38:16 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

冬の北海道

AKKYさま、こんばんは。

相互リンク、有難うございます。
こちらこそ宜しくお願い致します!

この時期の北海道は、撮影も大変ですが是非行って下さい。
決まれば「これぞ北海道」という一枚が撮れるので魅力はありますよ。
確かにお金と時間、そして家族の同意あってのものですがね(笑)

まぁ、地元のマルーンカラーの鮮烈も期待しておりますよ!

いつもコメント頂き、誠に有難うございます。
  1. 2014/12/28(日) 21:58:07 |
  2. URL |
  3. いぬばしり #-
  4. [ 編集 ]

素敵な撮影地

風太郎さま、こんばんは。

ここ富浦は電化区間でありますが、海と集落を絡めるという点では
室蘭本線屈指の撮影地かと思います。
まぁ、真下に国道が走っているため、結構煩いですが・・・
でも、大海原に射しこむ光の陰影を眺めながら、
時々やって来る列車を撮るのは、至福の時間でもありました。
列車主体の撮影には向きませんが、風太郎さまなら、
この撮影地の良さが十二分にお解かりいただけるかと思います。
渡道の際には、是非行程の一部に入れてみて下さい。

いつもコメント頂き、感謝しております。
  1. 2014/12/28(日) 22:15:51 |
  2. URL |
  3. いぬばしり #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/12/29(月) 17:38:10 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

現在時刻

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

いぬばしり

Author:いぬばしり
鉄道写真を中心に綴るブログです。
上手じゃないけどご覧下さい。


誠に申し訳ございませんが、
一応大切にしている写真なので
無断使用・コピーご遠慮下さい。

最近の記事+コメント

カテゴリ

磐越西線 (218)
大井川鐵道 (130)
蒸気機関車 (71)
電気機関車 (87)
ディーゼル機関車 (41)
電車 (29)
気動車 (15)
客車 (82)
新幹線 (14)
東武鉄道 (57)
関西私鉄 (16)
関東私鉄 (3)
ローカル私鉄 (70)
五能線 (24)
鉄道風景 (74)
烏山線 (12)
その他 (58)
PENTAX 67 写真 (14)
写真機材 (2)
只見線 (21)
小湊鉄道 (27)

リンク

カウンター