** せ ん ろ ば た **

クリスマストレイン2013-4


スチームに包まれるC57 180号機。

あぁ、美しい・・・


包まれる門デフ
野沢


私の知らない、その昔。

厳冬期、音威子府駅の深夜は

こんな感じだったのですかね。

Nikon D3



写真の感想など、コメント頂ければ大変嬉しいです!
ブログランキングに参加しています、応援宜しくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/12/27(金) 22:55:37|
  2. 磐越西線
  3. | コメント:2
<<クリスマストレイン2013-5 | ホーム | クリスマストレイン2013-3>>

コメント

音威子府の夜

これは・・・またカレンダーですね!!
鉄道って夢のように美しい世界の中に在ると教えられます。

音威子府の夜、SL時代は写真で垣間見るのみですが、
DD51の時代はこんなに派手なスチームは出ませんでした。
また逆光に妙な拘りがあったので、光の回った順光側で撮っていないんです。
そして大きく違うのは冴えわたる極寒の夜空の、闇の深さでしょうか。
  1. 2013/12/28(土) 19:59:13 |
  2. URL |
  3. 風太郎 #ORZvdv76
  4. [ 編集 ]

深い闇

風太郎さま、こんばんは。

返信遅くなり、申し訳ございません。

この時のC57は本当に素敵で、息を呑む程でした。
運行される側のご苦労は、計り知れませんが。

闇が深い・・・  そうですかぁ。
何かそのお言葉だけで想像できますね。
感動の所在地、行きたかったです。
でも私が初めて渡道した時には、道内夜行列車は14系化
されており、もし当時深夜の音威子府へ訪れたとしても
あの盛大に噴出すSGは見られなかったのですかね。
なので風太郎さまのお写真で、想像を膨らませたいと思います。

いつもコメント頂き、有難うございます。感謝致します。
  1. 2013/12/29(日) 13:45:36 |
  2. URL |
  3. いぬばしり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

いぬばしり

Author:いぬばしり
鉄道写真を中心に綴るブログです。
上手じゃないけどご覧下さい。


誠に申し訳ございませんが、
一応大切にしている写真なので
無断使用・コピーご遠慮下さい。

最近の記事+コメント

リンク

カウンター

CustomCategory