** せ ん ろ ば た **

カメラノコト-2


少し前に銀塩67で撮影した飯給の写真をアップしましたが、
今日はそのMY・PENTAX67を紹介します。

私の67はミラーUP、TTLファインダー付きの
いわゆる最後期型のやつでして、購入後2年程して67Ⅱが発売されました。
でも使い勝手は別として、雰囲気はやはりコチラに軍配が上がりますよね。

さて、このPENTAX67、重たい、大きいでそのあだ名が「バケペン」と言われて
おりまして、何と言ってもその特徴はミラーショックがとても大きい事。
なので気を抜くとブレブレ写真を量産してしまう・・・
特に1/30~1/2sec位は三脚で固定しても気を付けなくてはならない位です。
また、フィルムサイズも大きいので、面が浮いてしまい
これまたボケた写真になってしまうんですね。

まぁ、とにもかくにも気を使うカメラなんです。
でもバッチリ撮れた時の感動は、35mmサイズの比ではないですよ。

因みに私の67には木製のハンドグリップが付いておりますが、
これが正直、あまり役に立たないのです(むしろ邪魔なくらい)
でもコレが付いて初めてPENTAX67って感じがするんですね。


格好イイでしょ!
バケペン


実は、このPENTAX67、デジ一にシフトした時に売ってしまおうと思ったんです。
でもどうしても売れなくてこうして今も私の手元にあるんです。

このカメラは当時私が通っていた個人の写真屋さんで購入したんですね。
私はその写真屋さんに足繁く通い、そこのおじさんに写真のイロハを学びました。
でも、そのおじさんも鬼籍の人となり、今ではこの67がおじさんの思い出だったりするんです。
なので、多分このカメラは私の手元に一生残ると思います。

こんな思い出深き私のPENTAX67、奇跡の復活を遂げたのですから、
これからチョイチョイ使っていこうと思います。

それにしても銀塩カメラをデジ一で撮影する。何とも不思議な感覚ですね。

Nikon D3



写真の感想など、コメント頂ければ大変嬉しいです!
ブログランキングに参加しています、応援宜しくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

  1. 2014/06/11(水) 22:11:52|
  2. 写真機材
  3. | コメント:2

カメラノコト


今月5日、Nikon Dfというとても趣味性の高いカメラが発表されましたね。

画素数が少ないとか、デザインの縦横比がアンバランスとか賛否両論あるようですが、

個人的にはとても興味のあるカメラが久しぶりに出てきたという感じです。

まぁ、お値段が「ちょっと高いかなぁ」なんて気もするのですが・・・

で、そのDfに刺激され、久しぶりに我が家の動態保存機?Nikon F2を

防湿庫から引っ張り出してきました。

シャッターを切ると「パシャッ」という乾いた音が心地よく、懐かしさいっぱいです。

多分、モータードライブMD2も電池を入れたら動くと思いますよ。

実はこのF2、高校生の時にアルバイト代を貯めたお金で購入した中古品なのですが、

この時にはもうF3が発売されていました。でも、どうしてもこれが欲しかったんです。

F3を持っている友人達には「古っ!」て当時でも言われてたんですけどね。


Nikon F2 Photomic A
F2 A


これを触ると、東北新幹線開業前の東北・上信越特急や北海道の気動車特急、

そして東京発ブルトレを必死に撮影してた頃を思い出します。

今度、久しぶりにネオパン入れてフィールドに持ち出しましょうか。

勿論、ネオパンはカンカンに入っていて自分でパトローネに入れるやつ。

でも、もう売っていませんですかね?

まぁ、とにもかくにも思い出のたくさん詰まったカメラなんですよ。

Nikon F2、なかなか格好いいでしょ! 


Nikon1 V1



写真の感想など、コメント頂ければ大変嬉しいです!
ブログランキングに参加しています、応援宜しくお願い致します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村




テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2013/11/09(土) 16:57:03|
  2. 写真機材
  3. | コメント:8

カレンダー

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

いぬばしり

Author:いぬばしり
鉄道写真を中心に綴るブログです。
上手じゃないけどご覧下さい。


誠に申し訳ございませんが、
一応大切にしている写真なので
無断使用・コピーご遠慮下さい。

最近の記事+コメント

リンク

カウンター

CustomCategory